合格の秘訣

 これから、ビル管試験の勉強を始めるに当たって心がけていただきたいことをご紹介します。

 あなたの学習のヒントにしてください。

 

0.モチベーションを高める

 ビル管試験受験を決心したあなたは勉強を始める前にこれまでの生活を一変させる覚悟が必要です。やる気を出すためのアイディアです。ご自身でアレンジしてください。勉強の途中でやる気がなくなったときも見てください。

 

・職場や家庭でビル管試験受験を公言し自分を追い込むと同時に協力と理解を得られる環境を作ります。


・何のためにこの試験を受けるかを明確にします。合格したら自分にとってどんなメリットがありますか?

 

・やる気の出る言葉を大きく自筆で書き出し,トイレや玄関などよく目に付くところに張り出す。例「今年絶対ビル管試験合格!」

 

・このやる気の出る言葉を寝る前に何度も口に出し、紙に書くと不思議とやる気がでてきます。

 

・合格した自分に「ご褒美」を用意します。「合格したら○○を買う」とか「合格するまでは○○を我慢するが、合格したら思い切り○○する!」の様に。旅行とか映画を見たりおいしいものを食べたり。

 

・自分の一日の行動を振り返り学習時間を確保します。毎日何時から何時間学習するかを自分と約束します。受験までの短い期間だけでも勉強することを『習慣』にしましょう。直前は真夏で暑いので早朝学習をお勧めします。

 

・家での勉強する場所を決め、周りを片付けます。誘惑するものをそばに置かないことです。

 

・勉強中に気になることがあって、集中できないときは、紙に書き出しておいてあとでやってください。どうしても気になってしょうがない場合は、すぐに済ませてしまうのもいいでしょう。

 

・「進捗表」を作り、終わったところから印をつけていくと達成感があります。また、完璧に自信を持って回答できる問題を消し込むことで、無駄な繰り返しを省けます。「進捗管理表」のサンプルがツールのエクセルファイルにあります。

 

・通勤時間や待ち時間を有効に使うため手軽に学習できるよう小さなノートにまとめた『重要ポイント集』を持ち歩きましょう。

 

1.自分に合った勉強法を見つける

・関連する資格を持っている人は既得知識(自分の持っている知識)が多く短時間の勉強で合格される方もおられるようです。

 

・一方、何度か不合格の憂き目を見ている人は、原因を考えそれまでの勉強法を見直さなくてはいけないでしょう。

 

・また、自分の仕事に自信を持っておられることは素晴らしいことですが、その「こだわり」が勉強を阻害することがあります。例えば、「現場を知らないやつがこんなおかしな問題考えてるんだ」と思ったら、その兆候があります。仕事は仕事、試験は試験と割り切る気持ちが必要です。

 

2.7科目をもれなく学ぶ

・合計得点が合格ラインをクリアしているにもかかわらず、たった一科目が足切りに合ってしまえば合格できません。不得意科目を作らないことは合格のための秘訣です。特に出題数の少ない科目は要注意です。

 

・ビル管理の仕事を長年されてもその経験範囲は広くて深いビル管試験の出題範囲に比べれば限りがあります。

 

・自分になじみの少ない科目から勉強をはじめるのもひとつの方法です。

 

3.理解し記憶する

・ビル管試験は範囲が広く覚えることが多いです。

 

・比較的若い方は記憶力が強くいわゆる「丸暗記」ができるでしょう。

 

・一方、そうでない方は何らかの工夫が必要です。

 

・連想・関連付けすることにより覚えやすく思い出しやすくなります。

 

・図や表など覚えやすい形にまとめることも記憶を助けます。

 

・一番重要なことは、覚えるまで「繰り返す」ことです。

 

・音読したり、書いたりしてからだで覚えましょう。

 

4.過去問を有効に活用する(重要)

・過去問中心の勉強法は効率が良く、その方法で合格される方が多いのは事実です。

 

・しかし、同様に過去問中心の勉強法をやりながら多くの方があと数点に涙を飲んでいるのも事実です。

 

・既得知識の少ない状態で、意味不明の問題をストレスを感じながら根性と忍耐で解くことは身体に毒です。自分の”勘”に頼って正解しても意味がありません。

 

・内容を理解せずにむやみと繰り返すことは時間の無駄です。条件反射的に「この問題の答えは○番だ!」と暗記しても応用が利きません。類似問題はたくさんありますが、まったく同じ問題は出題されません。

 

・過去問の扱いを間違えないことです。過去問は次の3回やれば十分です。
  1.勉強の初めに自分の実力を知る。(1年分やれば十分です)
  2.問題と解説を読んで理解し記憶する。(これに一番時間をかける⇒既得知識の増加)
  3.勉強の効果を確認する。

 

・このサイトでは、この”2.問題と解説を読んで理解し記憶する。”をいかに効率よくやるかを紹介しています。

 

次 効率学習法の項へ

 

 一万人の建築物環境衛生管理技術者(ビル管理技術者)試験挑戦者のための資格取得応援サイト